湿疹 | あゆみ皮膚科クリニック | 大阪市平野区 加美駅 新加美駅 | 女医による皮膚科

06-6793-8966

JR加美駅・新加美駅すぐ

駐車場あり

乾燥肌(皮脂欠乏性湿疹)

乾燥肌とは

乾燥肌

乾燥肌とは、皮脂分泌が低下し、乾燥を来たして角質(皮膚の一番上層)が剥がれてしまった状態です。皮膚表面がカサカサしたり、白い粉をふいたようになったりして、ひび割れが生じて痒みや痛みを覚えます。

老化や空気の乾燥、洗剤や薬剤への接触など、様々な原因によって皮膚の機能が低下して皮脂の分泌が減少し、そのために皮膚の乾燥が生じることで起こります。

肌が乾燥すると通常弱酸性に保たれている皮膚のpHがアルカリ性に傾き、、髪や衣服が触れる程度の刺激でかゆみを感じたり、普段使い慣れた化粧品で赤くなるなど、刺激に対して敏感になります。

診断と治療

視診によって診断は容易につき、治療には保湿剤が処方されます。炎症を伴う場合には、ステロイド外用薬を使うこともあります。痒みが強いようなら、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の内服薬が用いられたりもします。

乾燥肌に悩む方の多くは間違ったスキンケアが引き金になっているケースがあります。自己判断はかえって症状を悪化させることがありますので、ぜひ早めにご相談にお越しください。

アレルギー性接触皮膚炎

身近な物に対するアレルギー反応が原因で起こる皮膚炎です。
アクセサリー、ゴム、化粧品など身近なものや、時計やブレスレット、ゴーグルなどに使われるクロム、ニッケル、コバルトなどの重金属でかぶれることがあります。
特定の物質に過敏に反応する人にだけ起こるアレルギー反応によってかぶれが生じます。