掌蹠膿疱症 | あゆみ皮膚科クリニック | 大阪市平野区 加美駅 新加美駅 | 女医による皮膚科

06-6793-8966

JR加美駅・新加美駅すぐ

駐車場あり

掌蹠膿疱症

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

膿が溜まった膿疱と呼ばれる発疹が、手のひら(手掌)や足の裏(足蹠)にたくさんできる疾患で、周期的に良くなったり、悪くなったりを繰り返します。中年以降の方に多くみられます。

掌蹠膿疱症の原因

長期にわたる喫煙や、扁桃炎、虫歯、歯科金属アレルギーが原因のひとつと考えられています。
また、発疹の中の液体からはウイルスや細菌は見つからず、自己免疫(自分自身の組織に対して免疫が攻撃的に作用すること)が関係する疾患ではないかとも推測されていますので、他人にうつることはありません。

掌蹠膿疱症の治療法

病巣感染や金属アレルギーなど、病気を悪化させる要因があればまずはそれらを取り除くようにします。

この病気は細菌やウイルスが原因ではないため、抗生物質のような薬は効果がありません。そのため、炎症を抑える対症療法が主になります。

外用薬だけでは、なかなかコントロールできないケースも多く、その場合、ビタミンAに似た物質であるエトレチナートという薬の内服などを組み合わせて症状をしっかりとコントロールしていきます。

PAGE TOP