じんましん | 加美・新加美駅 あゆみ皮膚科クリニック | こどもの皮膚病

06-6793-8966

JR加美駅・新加美駅すぐ

駐車場あり

じんましん

じんましんとは

じんましん

じんましんは、みみず腫れのような、膨らんだ赤みがみられる皮膚疾患で、通常は数十分から数時間で症状が治まるのが特徴的です。

何らかの原因で肥満細胞という細胞からヒスタミンが放出されます。このヒスタミンがじんましんを引き起こします。治療はこのヒスタミンを抑える飲み薬を使います。

皮膚症状が慢性的に続くことがありますので、その場合は定期的に受診してください。原因の検索、内服薬を中心に治療します。辛いかゆみを速やかにコントロールしましょう。

じんましんの原因

じんましんは、大きくアレルギー性と非アレルギー性の二つに分けられます。

アレルギー性のじんましん

アレルギー性のじんましんでは、食べ物や食品添加物、動植物などを、体が異物として認識してしまい、アレルギー反応が起こります。その際に細胞からは様々な化学物質が放出されるのですが、そのなかのヒスタミンの作用によって皮膚は赤く腫れてしまいます。また、ヒスタミンは、痒み症状も招きます。

  • アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎、喘息、花粉症などがある人は、じんましんが出やすく、症状も悪化しやすい傾向があります。
  • アレルギーを誘発しやすい食品を初めて食べるような際は、一度にたくさん食べず、様子をみながら少しずつ量を増やしていくと良いでしょう。
アレルギー性のじんましんを誘発しやすいもの
食べ物
  • 魚介類
  • 肉類
  • 乳製品
  • 穀類
  • 野菜
  • 食品添加物 *特に、小麦、ソバ、乳製品、卵、落花生は、五大アレルギー成分といわれています。
植物・昆虫など
  • 蕁麻(じんま)
  • ゴム
  • ハチ など
薬剤(アレルギー性薬疹)
  • 抗生物質
  • 解熱鎮痛剤
  • 咳止めなど
薬の内服や注射をすることにより生じます。

非アレルギー性のじんましん

物理的刺激

摩擦(下着によりこすれる)、圧迫(買い物カゴやバッグの持ち手によって受ける圧迫など)熱さ、寒さ、振動(マッサージ器など)、日光など

入浴や運動による発汗など

血液疾患、膠原病など持病がある人、心身にストレスを強く受けている状態の人は、運動や発汗を刺激として、じんましんになることがあります。